【参】H1_exhibition

h1背景画像

H1

展覧会・イベント

桃源郷展―蕪村・呉春が夢みたもの―

大倉集古館リニューアル記念特別展
「桃源郷展―蕪村・呉春が夢みたもの―」

2019年9月12日(木)~11月17日(日)

本展では、新収品の呉春筆「武陵桃源図屏風」(江戸時代・18世紀)を本邦初公開し、本作品の創作の原点となった呉春の師・与謝蕪村の筆になる一連の桃源郷作品へのオマージュ、そして呉春自身の画業における本作品の位置づけに着目します。これらに関連の深い作品の展観を通じて、蕪村が中国文化に向けた詩情や桃源郷への憧れが呉春に受け継がれ、やがては独自の様式の中に昇華される軌跡を辿ります。

会期 2019年9月12日(木)~11月17日(日) ※期間中展示替を致します。
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(月曜祝日は開館し、翌火曜日は休館)
9/17(火)、9/24(火)、9/30(月)、10/7(月)、10/15(火)、10/21(月)、10/28(月)、11/5(火)、11/11(月)休館
入館料 一般1300円/大学生・高校生1000円/中学生以下無料
※各種ご優待料金は、「利用案内」をご覧ください。
主催 公益財団法人 大倉文化財団 大倉集古館
1章・イベント

第一章 呉春《武陵桃源図屏風》―蕪村へのオマージュ―

桃源郷を夢見た師弟の絆の物語

呉春《武陵桃源図》

与謝蕪村《武陵桃源図》左幅(2幅のうち)
江戸・安永10年(1781)個人蔵

与謝蕪村・呉春《陶淵明画讃》

与謝蕪村・呉春《陶淵明画讃》
江戸・天明4年(1784年)
公益財団法人阪急文化財団 逸翁美術館蔵

与謝蕪村《春夜桃李園図》

呉春《武陵桃源図屏風》(左隻部分)
江戸時代・18世紀
大倉集古館蔵

2章・イベント

第二章 桃の意味するもの―不老長寿・吉祥―

中国美術にあらわされた桃のモチーフ

沈南蘋《鶴桃図》個人蔵

沈南蘋《鶴桃図》
清・乾隆15年(1750)個人蔵
展示期間:10/16~11/17

《藍釉粉彩桃樹文瓶》景徳鎮窯

《藍釉粉彩桃樹文瓶》景徳鎮窯
清時代・乾隆年間(1736~95)
静嘉堂文庫美術館蔵
展示期間:9/12~11/15

3章・イベント

第三章 「武陵桃源図」の展開―中国から日本へ―

中国画から、南画、四条派まで

趙伯駒(款)《武陵桃源図巻》(部分)

趙伯駒(款)《武陵桃源図巻》(部分)
明末~清初・17世紀
林原美術館蔵

川村文鳳《武陵桃源図屏風》(左隻)

川村文鳳《武陵桃源図屏風》(左隻)
江戸時代・19世紀
静岡県立美術館蔵

4章・イベント

【同時開催】大倉集古館名品展(1階展示室)

国宝・重要文化財から横山大観「夜桜」まで、当館選りすぐりの名品の数々との再会をお悦しみください!

作品リストのダウンロードはこちら

《普賢菩薩騎象像》

国宝《普賢菩薩騎象像》 平安時代・12世紀

《古今和歌集序》(部分)

国宝《古今和歌集序》(部分) 平安時代・12世紀
展示期間:9/12~10/14

横山大観《夜桜》(左隻)

横山大観《夜桜》(左隻) 昭和4年(1929)

イベント

オークラウロと和の宴

オークラウロと和の宴   ★お蔭様で満席となりました。

大倉財閥2代目で、ホテルオークラ創業者の大倉喜七郎が作った縦笛・オークラウロは、尺八とフルートのハイブリッドとして今再び注目を集めています。
津軽三味線から小山流三代目の小山豊氏との共演で、和の魅力満載の民謡からギターも交えたポップスまで、楽しいお話とともにお愉しみください!

小湊昭尚

小湊昭尚(オークラウロ)

小山豊

小山豊(津軽三味線)

丸山力巨

丸山力巨(ギター)

日時 2019年10月6日(日)14:30開演(受付は30分前)
場所 大倉集古館地下1階ホール
料金 2000円 ※《桃源郷展》もご覧いただけます
座席 全席自由(定員に達し次第、締め切りとさせていただきます) ★お蔭様で満席となりました。
出演 小湊昭尚(オークラウロ)、小山豊(津軽三味線)、丸山力巨(ギター)

お申込み・お問合せ 

大倉集古館 TEL:03-5575-5711(代表)

桃源郷展

《桃源郷展》開催記念特別講演会

呉春の写生画 ―蕪村の南画と応挙の写生画をめぐって―

【講師】冷泉為人氏(冷泉家25代当主、京都美術工芸大学学長)

冷泉為人

日時 2019年10月12日(土)14:00~15:30(受付は30分前)
場所 大倉集古館地下1階ホール
料金 無料 ※《桃源郷展》の入場券が必要です
座席 全席自由(定員に達し次第、締め切りとさせていただきます)
講師 冷泉為人氏(冷泉家25代当主、京都美術工芸大学学長)

【プロフィール】

兵庫県加古郡稲美町出身。昭和19年3月2日生。関西学院大学大学院文学博士課程満期退学。文学修士号修得(関西学院大学、昭和45年)。芸術学博士号修得(関西学院大学、平成30年)。近世絵画専攻。
冷泉家25代当主。冷泉家時雨亭文庫理事長。元大手前女子大学教授。元池坊短期大学学長。元同志社女子大学客員教授。元立命館大学特別招聘教授。現在京都美術工芸大学学長。

〈著書・単著〉
週刊アーティスト・ジャパン『円山応挙』。『五節供の楽しみ-七草・雛祭・端午・七夕・重陽-』。『冷泉家 蔵番ものがたり』。『円山応挙論』。この他編著、共著、論文など多数。
〈受賞〉
明石市文化功労賞受賞(平成10年)/京都府文化賞功労賞受賞(平成19年)/文部科学省大臣賞/文化財地域功労賞受賞(平成30年)

お申込み・お問合せ 

大倉集古館 TEL:03-5575-5711(代表)