【参】H1_exhibition

h1背景画像

H1

展覧会・イベント

桃源郷展―蕪村・呉春が夢みたもの―

大倉集古館リニューアル記念特別展
「桃源郷展―蕪村・呉春が夢みたもの―」

2019年9月12日(木)~11月17日(日)

本展では、新収品の呉春筆「武陵桃源図屏風」(江戸時代・18世紀)を本邦初公開し、本作品の創作の原点となった呉春の師・与謝蕪村の筆になる一連の桃源郷作品へのオマージュ、そして呉春自身の画業における本作品の位置づけに着目します。これらに関連の深い作品の展観を通じて、蕪村が中国文化に向けた詩情や桃源郷への憧れが呉春に受け継がれ、やがては独自の様式の中に昇華される軌跡を辿ります。

会期 2019年9月12日(木)~11月17日(日) ※期間中展示替を致します。
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(月曜祝日は開館し、翌火曜日は休館)
9/17(火)、9/24(火)、9/30(月)、10/7(月)、10/15(火)、10/21(月)、10/28(月)、11/5(火)、11/11(月)休館
入館料 一般1300円/大学生・高校生1000円/中学生以下無料
※各種ご優待料金は、「利用案内」をご覧ください。
主催 公益財団法人 大倉文化財団 大倉集古館
1章・イベント

第一章 呉春《武陵桃源図屏風》―蕪村へのオマージュ―

桃源郷を夢見た師弟の絆の物語

呉春《武陵桃源図》

与謝蕪村《武陵桃源図》左幅(2幅のうち)
江戸・安永10年(1781)個人蔵

与謝蕪村・呉春《陶淵明画讃》

与謝蕪村・呉春《陶淵明画讃》
江戸・天明4年(1784年)
公益財団法人阪急文化財団 逸翁美術館蔵

与謝蕪村《春夜桃李園図》

呉春《武陵桃源図屏風》(左隻部分)
江戸時代・18世紀
大倉集古館蔵

2章・イベント

第二章 桃の意味するもの―不老長寿・吉祥―

中国美術にあらわされた桃のモチーフ

(伝)明・呂紀《鶴桃図》
清・17世紀 林原美術館蔵
展示期間:9/12~10/14

《藍釉粉彩桃樹文瓶》景徳鎮窯

《藍釉粉彩桃樹文瓶》景徳鎮窯
清時代・乾隆年間(1736~95)
静嘉堂文庫美術館蔵
展示期間:9/12~11/15

3章・イベント

第三章 「武陵桃源図」の展開―中国から日本へ―

中国画から、南画、四条派まで

趙伯駒(款)《武陵桃源図巻》(部分)

趙伯駒(款)《武陵桃源図巻》(部分)
明末~清初・17世紀
林原美術館蔵

川村文鳳《武陵桃源図屏風》(左隻)

河村文鳳《武陵桃源図屏風》(左隻)
江戸時代・19世紀
静岡県立美術館蔵

4章・イベント

【同時開催】大倉集古館名品展(1階展示室)

国宝・重要文化財から横山大観「夜桜」まで、当館選りすぐりの名品の数々との再会をお悦しみください!

作品リストのダウンロードはこちら

《普賢菩薩騎象像》

国宝《普賢菩薩騎象像》 平安時代・12世紀

《古今和歌集序》(部分)

国宝《古今和歌集序》(部分) 平安時代・12世紀
展示期間:9/12~10/14

横山大観《夜桜》(左隻)

横山大観《夜桜》(左隻) 昭和4年(1929)

イベント

イベント開催なし
「桃源郷展」期間中のイベントは終了いたしました。